HOME > 2024年

余白デザインは、デザインの要素の1つで、コンテンツや要素の周囲に空白を設けることを指します。これは、視覚的なレイアウトを改善し、情報を効果的に伝えるための重要な手法です。

余白デザインとは?

  • 視覚的な整合性 余白を適切に使うことで、コンテンツや要素が混雑して見えず、視覚的な整合性が保たれます。これにより、ユーザーが情報を容易に理解しやすくなります。
  • 読みやすさと理解 適切な余白を持つデザインは、読みやすさを向上させます。テキストや画像が互いに密集していると、情報が混乱しやすくなりますが、適度な余白があれば、それぞれの要素が際立ち、理解が容易になります。
  • 視覚的な焦点の設定 余白は、特定の要素やセクションに視覚的な焦点を当てるのに役立ちます。重要な要素の周りに余白を設けることで、それらを強調し、ユーザーの注意を引くことができます。
  • デザインのエレガンス 適切に配置された余白は、デザインにエレガンスと洗練さをもたらします。空間を使いこなすことで、デザイン全体のバランスが整い、見栄えが良くなります。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上 余白は、ユーザーエクスペリエンスを向上させるのにも役立ちます。適切な間隔があると、ユーザーはスムーズにナビゲートでき、情報を素早く見つけることができます。
余白デザインとは、デザイン全体の見栄えや使いやすさを向上させる重要な要素であり、情報を効果的に伝えるための必須のデザイン原則の1つです。

余白を意識してデザインすべきポイント

余白を意識してデザインする際に考慮すべきポイントはいくつかあります。
  • コンテンツと余白のバランス すコンテンツと余白のバランスを保つことが重要です。コンテンツが多すぎると、余白が不足し、見辛くなりますが、逆に余白が多すぎると、情報が散漫に見えたり、スペースの無駄遣いになります。適度な余白を確保し、コンテンツを均等に配置することが大切です。
  • 階層性の考慮 コンテンツや要素を階層的に配置する際に、余白を利用して階層性を明確にすることが重要です。重要な要素やセクションの周囲に余白を設けることで、それらを際立たせ、ユーザーの注目を引きます。
  • レスポンシブデザインへの適用 デバイスのサイズや解像度が異なる場合でも、余白を考慮してデザインすることが重要です。レスポンシブデザインでは、画面サイズが変わるたびにコンテンツと余白のバランスを保つことが必要です。
  • 読みやすさの確保 テキストや画像などのコンテンツを読みやすくするためにも、適切な余白を確保することが重要です。文字や画像が密集していると、読み取りやすさが損なわれるため、適切な間隔を保つことが必要です。
  • 目的とコンテキストに合わせた利用 デザインの目的やコンテキストに応じて、余白を使い分けることが重要です。ウェブページや広告などの情報を伝える場合は、情報のわかりやすさを重視して余白を調整しますが、アート作品やポスターなどの場合は、余白を利用してデザインの美しさや独自性を表現することもあります。
これらのポイントを考慮しながら、弊社では余白を意識してデザインすることで、デザイン全体の見栄えや使いやすさを向上させています。

SNSの浸透で変わるユーザー行動とは

ソーシャルメディア(SNS)の普及は、ユーザー行動に顕著な変化をもたらしています。これらのプラットフォームが日常生活に絶え間なく組み込まれる中、個人の行動や対人関係、情報アクセスにおいて新たなトレンドが生まれています。 まず、コミュニケーションの変化が目立ちます。SNSは、友達や家族とのコミュニケーションをリアルタイムかつグローバルに可能にし、メッセージや写真、動画を簡単に共有できるようになりました。これにより、地理的な距離を超えて関係を維持し、新たなつながりを築くことが容易になりました。 一方で、情報の入手方法も変化しています。SNS上でのニュースやトピックの拡散が迅速に行われ、ユーザーはリアルタイムで世界の出来事にアクセスできるようになりました。これにより、従来のメディアよりも速やかに情報を入手し、それに基づいて議論や意見形成を行うことが一般的になりました。 SNSはまた、個人のアイデンティティや自己表現の手段としても機能しています。プロフィールや投稿を通じて、ユーザーは自分自身を他者にアピールし、共感や支持を得ることが可能です。これが個人ブランドやオンラインコミュニティ形成につながり、趣味や興味を共有するプラットフォームとしても活用されています。 さらに、SNS上での広告やマーケティングも急速に進化しています。ターゲット広告やインフルエンサーマーケティングが浸透し、企業はより効果的な広告戦略を展開しています。ユーザーは個々に適したコンテンツに触れることで、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを享受することができるようになりました。 総じて、SNSの普及によりユーザー行動は多岐にわたって変化しており、これが社会全体において新たなコミュニケーションパターンや情報の流れを形成しています。 弊社では今後、より重要性が増していくWebマーケティングの知識を身につけ、今、起こっている事を正確に見極め、その手助けとなる事を目指しています。 近年、各メディアからの報道にもありますが、多くの業種で「人員不足」が起きています。そのため各企業・団体・医療機関においてもWEBサイト上で採用ページを充実させていく動きがますます活発になっています。

採用サイト(ページ)の運営が必要理由

①採用コストの高騰

ここ最近になって、賢著な動きで医療業界に関わる人材の採用コストは高くなっています。 人材紹介会社を利用した採用コストは、医師採用で約300万円~350万円、看護師採用で約50万~80万円、検査技師で約60万円~90万円などが1人あたりの採用コストと言われています。 また、地方では、有料求人媒体に掲載してもなかなか応募が来ない現象が各地で起きています。 今後、都心部の医療機関でも、いずれは人材紹介を利用せざるを得ない局面になる可能性は、特に高いと言われています。

②売り手市場の継続

医療業界はここ数年に渡り、売り手市場が続いています。求職者の供給が圧倒的に少なく、求職者が自分の働き方を鑑みて、自由にクリニックや病院を選ぶことができます。 高齢者人口数の増加、労働年齢人口の減少がこの傾向に拍車をかけ、今後も売り手市場は続いていきます。そのような中ではさらに採用が困難になってくると言われています。 医療機関の求職者にしっかり選んでもらえるクリニックにする必要があり、そしてそれを確実に求職者へ届ける必要があります。

③求職者の選択肢に加えてもらうクリニックに

求職者にとっての選択肢に選ばれるには、彼らが安心して応募できるような情報発信・公開やブランディングが必要になります。 実際は働きやすい魅力的なクリニックなのに、クリニックのホームページを見ても求人情報掲載されていなければ、比較検討の土場に上がることすらできません。 「求職者から選ばれる」ために採用サイト(ページ)をしっかり用意しておく事で、求職者を応募まで誘導することができます。

採用サイト(ページ)の種類とそれぞれの違い

ホームぺージで採用情報を掲載する方法は2つあります。

①自社サイト内で採用に関する情報ページとエントリーフォームを設置する方法

すでにホームぺージをお持ちの医療機関は、そのサイト内に採用情報を掲載するページを新規で立ち上げ、さらにエントリーフォームを設置することで、応募やお問い合わせに求職者を導くことができます。比較的低コストで設定設置が可能な反面、ページデザインやレイアウトに制限があることが多く、自由度がないため、単調なページデザインとなる可能性がありますので、掲載する内容や写真に気を配ってページ構成を検討する必要があります。 一般的にはホームぺージを作成した会社に相談し、追加費用を支払って作成してもらうことになることが多いです。

②採用LP(ランディングページ)を運用する方法

採用LP(ランディングページ)とは、募集要項やクリニックの売りや魅力、応募先などの情報を1つのページでまとめたWEBページです。閲覧者は複数ページを遷移することなく、スクロールのみで求めている情報が得られます。そのため通常のWEBサイトよりも離脱率が下がり、「応募に結びつきやすい」というメリットが得られます。また、採用専用のホームぺージを一から制作することに比べ、比較的低コストで制作可能で、さらにデザインの自由度も高いため、クリニックの魅力をアピールすることができます。 一見、かなり有効なWEB施策と思われますが、デメリットもあります。 LPは求職者に見てもらう導線が必要になってきます。1ページにコンパクトに内容がまとめられているLPは自然検索には弱くなります。そのため別の求人媒体からの流入を狙うか、リスティング広告といった施策が必要になってきます。どちらにしても広告費や人件費といった別のコストが発生します。しっかりと広告予算を計画し、運用していく労力も必要となりますので、専門の業者を使用することも多いです。

このようにWEB施策には色々な方法がありますが、まずは採用のコンテンツをしっかりと自院で構築し、運用していくことから始めてみてはいかがでしょうか。 ある求人情報会社の情報では、およそ9割の人は求人情報サイトでピックアップした企業(団体)のホームぺージは必ず見に行くという統計もあります。

お医者さんドットコムでは「おすすめ標準版」にてクリニック様が自由に設定できるページの用意があります。最近ではそのフリーぺージを求人ページに変更して運用されている医療機関様も多くなってきました。また、ランディングページもオプションで運用可能ですので、お気軽にお問合せください。

Cookie(クッキー)は、ウェブサイトからユーザーのブラウザに保存される小さなデータファイルです。このファイルには、ユーザーのウェブサイト閲覧履歴、ログイン情報、設定情報などが保存されます。

Cookieの主な役割

  • ユーザー認証 ログイン情報などを保存することで、ユーザーが毎回ログイン情報を入力する必要をなくします。
  • 閲覧履歴の保存 閲覧履歴を保存することで、ユーザーがよく閲覧するページを予測し、おすすめコンテンツを表示したり、スムーズなサイト閲覧を可能にします。
  • 設定の保存 ユーザーが設定した言語や表示設定などを保存することで、次回訪問時に同じ設定が適用されます。
  • 広告配信 ユーザーの閲覧履歴に基づいた広告を配信することができます。

Cookieの種類

Cookieには、主に以下の2種類があります。
  • セッションCookie ブラウザを閉じると自動的に削除されるCookieです。
  • 永続Cookie ブラウザを閉じても削除されないCookieです。有効期限が設定されており、期限切れまでブラウザに保存されます。

Cookieの安全性

Cookieは、一般的に安全な技術ですが、悪用される可能性もゼロではありません。以下のような点に注意する必要があります。
  • Cookieの設定を確認する すべてのウェブサイトでCookieを許可するのではなく、信頼できるウェブサイトのみで許可するように設定しましょう。
  • 信頼できるウェブサイトのみでCookieを許可する Cookieに保存される情報には、個人情報を入力しないようにしましょう。

Cookieに関する同意

近年では、EUの一般データ保護規則(GDPR)など、個人情報の保護に関する規制が強化されています。これらの規制に基づき、多くのウェブサイトでは、ユーザーがCookieの利用に同意する必要があるようになっています。

Cookieとキャッシュの違い

Cookieとキャッシュは、どちらもWebブラウザに保存されるデータですが、保存する内容と役割が異なります。

保存する内容

  • Cookie ユーザーの個人情報や閲覧履歴などを保存します。 (例:ログイン情報、氏名、住所、電話番号、閲覧したページ、検索履歴など)
  • キャッシュ WebページのHTMLや画像データなどを保存します。 (例:画像、CSSファイル、JavaScriptファイルなど)

Cookieとキャッシュの役割

Cookie

  • ユーザー認証 ログイン情報などを保存することで、毎回のログインを不要にします。
  • 閲覧履歴の保存 ユーザーの興味関心を把握し、おすすめコンテンツを表示したり、スムーズなサイト閲覧を可能にします。
  • 設定の保存 言語や表示設定などを保存し、次回訪問時に同じ設定を適用します。
  • 広告配信 ユーザーの閲覧履歴に基づいた広告を配信します。

キャッシュ

  • ページの読み込み速度を高速化 一度読み込んだページのデータを保存することで、次回アクセス時に再読み込みする必要がなくなり、ページの読み込み速度が高速化します。
  • 通信量の節約 一度読み込んだデータを保存することで、次回アクセス時に同じデータをダウンロードする必要がなくなり、通信量を節約できます。

その他

Cookie

  • ユーザーが削除することができます。
  • 有効期限が設定されている場合があります。

キャッシュ

  • ユーザーが削除することができます。
  • ブラウザを閉じると自動的に削除される場合もあります。

まとめ

項目 Cookie キャッシュ
保存する内容 ユーザーの個人情報や閲覧履歴 WebページのHTMLや画像データ
役割 ユーザー認証、閲覧履歴の保存、設定の保存、広告配信 ページの読み込み速度の高速化、通信量の節約
削除 ユーザーによる削除が可能 ユーザーによる削除が可能、ブラウザを閉じると自動的に削除される場合もある
有効期限 設定されている場合がある 設定されていない場合が多い

  • オンラインショッピングサイトでログイン情報と商品をカートに入れた状態でブラウザを閉じ、後で再度サイトを開いた場合、Cookieによってログイン情報とカート内の商品が保存されているため、再度ログインや商品選びをする必要がありません。
  • 同じWebサイトを何度も閲覧した場合、キャッシュによってWebページのデータが保存されているため、毎回同じデータをダウンロードする必要がなくなり、ページの読み込み速度が高速化します。
Cookieという名称を知らなかった方も、ブラウザやWEBサイトで様々なサービスを利用する際に必ず身近な存在となっています。 WEBサイト経由でサービスを快適に利用するために便利なシステムである反面、様々なデータを自動取得するという面から現実的には問題点も指摘されています。 ウィンドウズエッジやクローム・サファリなど、各ブラウザによる法規制も見直されつつあるためその動向に注視しながら、ユーザー個人でもCookieの特性をしっかりと理解し、注意深く利用していくことが求められます。 2024年の診療報酬改定で、施設基準等で定められている保険医療機関の書面掲示について「ウェブサイトへの記載」が算定要件として追加された項目があります。 ここではその一部についてご案内いたします。 ◆医療情報取得加算(旧:医療情報・システム基盤整備体制充実加算) 以下の事項を、医療機関の見やすい場所及びホームページ等に掲示していること。 ・オンライン資格確認を行う体制を有していること。 ・患者に対し、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行うこと。 ◆医療DX推進体制整備加算 医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行うことを医療機関の見やすい場所及びホームページ等に掲示していること。 ◆一般名処方加算 医薬品の供給状況等を踏まえつつ、一般名処方の趣旨を患者に十分に説明することについて、当該保険医療機関の見やすい場所及びホームページ等に掲示すること。 ◆外来後発医薬品使用体制加算 以下の掲示事項について、当該保険医療機関の見やすい場所及びホームページに掲載していること。 ・後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用に積極的に取り組んでいる旨 ・医薬品の供給が不足した場合に、医薬品の処方等の変更等に関して適切な対応ができる 体制に関する事項並びに医薬品の供給状況によって投与する薬剤が変更となる 可能性があること及び変更する場合には患者に十分に説明することについて。 これらのウェブサイトへの掲示につきましては、令和7年5月31日までの経過措置が設けられていますが、できるだけ早めに掲載していただくことをおすすめします。 この機会にホームページのリニューアル・新規開設をご検討なさってみてはいかがでしょうか。 ぜひお気軽にお問合せください。 詳しい情報は下記をご覧ください。
—————————————— 参考サイト ——————————————
令和6年度(2024年)の診療報酬改定で、施設基準など定められている保険医療機関の書面掲示について、ウェブサイトにも掲載しなければならないことになりました。
ホームページを持っている医療機関は、該当する改定項目を確認しホームページに掲載するという対応が必要になります。 本件につきましては、令和7年(2025年)5月31までの経過措置が設けられていますが、なるべく早めにホームページへの掲載を行うことをおすすめいたします。 お医者さんドットコムでは、引き続き情報収集を行い適宜、変更点・留意点等についてご案内させていただきます。
  • 「医療DX」とは?
    医療DXとは、保健・医療・介護の各段階(疾病の発症予防、受診、診察・治療・薬剤処方、診断書等の作成、診療報酬の請求、医療介護の連携によるケア、地域医療連携、研究開発など)において発生する情報やデータを、全体最適された基盤(クラウドなど)を通して、保健・医療や介護関係者の業務やシステム、データ保存の外部化・共通化・標準化を図り、国民自身の予防を促進し、より良質な医療やケアを受けられるように、社会や生活の形を変えることです。(厚生労働省HPより)
  • 「DX(Digital Transformation)」とは?
    デジタル技術を活用して企業のビジネスや社会全体に変革をもたらす取り組みです。
  弊社のサイトをご覧いただいている皆様の殆どは「ホームページを持ちたい」と思って閲覧していただいていると思います。 しかし中にはお知り合いのクリニック様がホームページを持っているのを見て、「やはりホームページは持った方がいいのかな?」という気持ちで閲覧されている方もいるのではないでしょうか?   クリニックがホームページを作成する理由は主に以下の4つが考えられます。

①クリニックの情報提供

患者様や地域の人々に対して、診療科目や医師の情報・診療時間・交通アクセスなどの情報を提供します。 これにより、患者が必要な情報を手に入れやすくなります。

②予約や問い合わせの便利さ

診療予約やお問い合わせフォームを設置することで、患者様がいつでも簡単に予約を入れたり、医療相談を行ったりできるようになります。 これは患者の利便性を向上させるだけでなく、クリニック側も効率的な予約管理や問い合わせ対応が可能になります。

③治療方法や健康情報の提供

ホームページを通じて、患者に疾患や治療方法・健康管理に関する情報を提供することができます。 これにより、患者が自身の健康状態や治療法について理解を深め、積極的に健康管理に取り組むきっかけとなります。

④地域社会への貢献と情報発信

地域の人々に対して医療情報や健康に関する知識を提供する場としても機能します。 健康に関する情報を得られることで、地域全体の健康水準向上に貢献することができます。   これらの理由から、多くのクリニックがホームページを作成し、患者や地域社会に対して情報やサービス提供を行っています。 この機会にホームページを持つことを本格的にご検討されてはいかがでしょうか?

こんなお悩みありませんか?

介護サイトドットコムは、
介護事業者様向けのホームページ制作・運営管理サービスです

  • スマホ対応きれいなデザイン
  • 誰でもカンタンにできる更新機能
  • サーバー込みのお得な料金設定
  • お問い合わせ・見学予約フォーム付き
  • 独自ドメインで信頼性、SEO対策
  • 安心の更新ヘルプ対応

施設の種類ごとに3つのプランをご用意

料金プラン

老人ホーム版
デイサービスに特化した
使いやすいプラン
月々保守料7,500円/月
(初期費用 50,000円)
デイサービス版
施設に必要な情報を網羅した
老人ホームプラン
月々保守料9,800円/月
(初期費用 80,000円)
オリジナル版
デザインカスタマイズの
オリジナルプラン
月々保守料15,000円〜/月
(初期費用 450,000円〜)

お医者さんドットコムご利用中のお客様にもおすすめ

同じ運営会社のサービスなので、クリニック・診療所のホームページと同じイメージで介護施設のホームページを制作することも可能です。 「医者さんドットコムのページ数では併設の介護施設の内容が入りきらないかも」とお悩みの方は、ぜひ一度介護サイトドットコムのサービスご利用をご検討ください。   ホームページを見ていると「よくある質問」を掲載しているサイトを見かけます。 「よくある質問」を入れるメリットとは何でしょうか? 医療機関のサイトで考えてみましょう。
  • 「Q&A」と「FAQ」
    Q&Aは「Question and Answer」の略称で、直訳すると「質問と回答」になります。
    それに対しFAQは「Frequently Asked Question」の略称で、直訳すると「よく尋ねられる質問」になります。
      一般的に質問に対する回答は「Q&A」と思われがちです。
    もちろんそういった場合もありますが、ホームページに掲載する「よくある質問」は「よく尋ねられる質問」に対する回答となりますので「FAQ」の意味合いになってきます。

①情報提供の効率化

よくある質問に対する回答をまとめて掲載することで、患者様が自分の疑問や不安に迅速に答えを見つけることができます。 これによりスタッフの負担が軽減され、電話やメールでの問い合わせの量を減らすことができます。

②患者の不安の軽減

医療情報は一般の人にとって難解な場合があります。 「よくある質問」を通じて、患者様がよく抱く疑問や不安に対する解答を提供することで、より安心して治療や手術を受けることができるようになります。

③信頼感の向上

専門的な知識を持つ医療機関としての信頼を高めることができます。 「よくある質問」に対する丁寧で明確な回答が掲載されていると、患者様のニーズに適切に対応することが期待できると感じるでしょう。

④ウェブサイトのSEO向上

「よくある質問」には医療関連のキーワードが含まれる可能性が高いため、検索エンジン最適化(SEO)において有益です。 よく検索されるキーワードや用語を使用することで、ウェブサイトの検索エンジンランキングを向上させることが期待できます。

⑤ホームページの充実

「よくある質問」を掲載することで、ホームページがより充実した情報を提供している印象を与えることができます。 患者様は豊富な情報が提供されているウェブサイトに対して、より信頼を寄せる傾向があります。   「よくある質問」を掲載することでホームページの質をアップさせてみませんか? 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 ゴールデンウィーク期間は暦通りのお休みとさせていただきます。

休業期間

4/29(月) 休業 (昭和の日)
4/30(火) 通常営業
5/1(水) 通常営業
5/2(木) 通常営業
5/3(金) 休業(憲法記念日)
5/4(土) 休業(みどりの日)
5/5(日) 休業(こどもの日)
5/6(月) 休業(振替休日)
尚、5月2日(木)は通常営業となりますが、 ご依頼内容等により、休業期間後の対応となる場合がございます。 予めご了承頂きますようお願い申し上げます。 期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。 現在検索エンジンでは、主にコンテンツの質を最も大切に考えるアルゴリズムが使用されています。 そのため検索順位の改善のためには、人々が検索で探している有益な情報を含んだ高品質なコンテンツを作成することが必要になります。 今回は診療所・クリニックのホームページを作成するうえで、おすすめのコンテンツをご紹介します。

医師やスタッフのプロフィール

医師やスタッフの経歴や専門性を紹介し、信頼感を持てるような情報を提供します。 ※ホームページに掲載できる専門性の表記については厚生労働省から発表されている「医療法における病院等の広告規制について」をご参照ください。

診療科目とサービス

提供している診療科目やサービスについて詳しく説明し、必要な情報を容易に見つけられるようにします。治療に対して理解を深めやすいように、治療法などの基本的な情報を掲載いただくのがおすすめです。 ※ホームページに掲載できる診療科についても規制があります。同じく上記厚生労働省のページをご参照ください。

予防や健康促進のサービス

提供する予防や健康促進に関するサービスに焦点を当てて、自身の健康管理に役立つ情報を提供します。例えば、健康診断や予防接種、健康相談などがおすすめです。

診療時間と予約方法

クリニックの診療時間や診療予約の方法について明確に伝え利用しやすいようにします。

よくある質問(FAQ)

診療科目やサービスに関するよくある質問に答えるFAQを設けることで疑問を解消しやすくします。

これらの情報を組み合わせて、診療科目とサービスのコンテンツを充実させ、分かりやすく役立つ情報を提供しましょう。 お医者さんドットコムの「おすすめ標準版」では、低コストで医療機関のホームページに必要なページを作成できます。デフォルトで「お知らせ」「ごあいさつ」「診療時間・アクセス」のページが用意されており、その他3つのページ(うち1つはサブページの作成が可能)が作成できます。 ホームページの作成をご検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。

「お医者さんドットコム」のLINE公式アカウントがスタートしました!

お得なキャンペーンやお役立ち情報などのご案内も随時行いますので、ぜひ友だち追加をお願いいたします。

●友だち登録の方法

・LINEアプリ内[友だち追加]で下記QRコードを読み取る  または下記URLへアクセス  https://lin.ee/2O02Ooi ぜひ、ご登録よろしくお願いいたします。

「お医者さんドットコム」では様々なSNSで情報を発信しています!

お得なキャンペーンやお役立ち情報などのご案内も随時行いますので、ぜひフォローをお願いいたします。

Instagram

https://www.instagram.com/oisyasan.com_official/

facebook

https://www.facebook.com/oisyasan

line

https://lin.ee/2O02Ooi

X(旧Twitter)

https://twitter.com/i/flow/login?redirect_after_login=%2Foisya_san_com