病院・クリニック専用ホームページ制作のお医者さんドットコム
病院・クリニック・歯科のホームページ制作・運営管理

HOME > コラム > 常時SSL化って何?Webサイトを安全に運営しよう!

常時SSL化って何?Webサイトを安全に運営しよう!

コラム

常時SSL化って何?Webサイトを安全に運営しよう!

そもそもSSLって?

SSLとは、Secure Socket Layerの略で、インターネット上でやり取りする通信データを暗号化する技術のことを言います。通信データを暗号化することで、悪意のある第三者からの「盗聴」「改ざん「なりすまし」を防ぎ安全に情報をやり取りすることができます。サイトがSSL化されているかどうかを見分けるのはとても簡単です。アドレスが「https://」から始まるサイトがSSL化されたサイトになります。

常時SSL化とは?

それでは、SSLと常時SSL化とは何が違うのでしょうか。常時SSL化とは「Always On SSL(AOSSL)」とも呼ばれており、「サイト全体を常に暗号化通信にする」というということです。今までは、サイトの入口などの一般ページは暗号化されておらず、お問い合わせフォームやログイン画面など個人情報などの重要な情報を入力するページだけをSSLにするのが主流でしたが、そうではなくサイト全体をSSL化しようという考え方になります。

常時SSL化が世の中の主流に

2018年7月24日にアップデートされた、Googleのブラウザ「Chrome68」から、SSL化されていない「http://」から始まるサイトに対して「保護されていない通信」と警告が出るようになりました。

アクセスしたサイトに「保護されていない通信」と警告が出ていたらどうでしょうか。有名な企業のサイトであっても、「もしかして偽サイト?」「セキュリティに問題があるの?」と少し心配になりませんか?もちろん、常時SSL化すれば、この警告は表示されなくなります。サイトのセキュリティを高めるだけでなく、訪問者の信頼を得るためにも、サイトの常時SSL化をぜひご検討ください。
お医者さんドットコムでは、常時SSL化にも対応させていただきます。ホームページ制作のご依頼時に、「常時SSL化にしたいんだけど」とお気軽にご相談ください。詳細についてご説明させていただきます。