HOME > 2024年 > 7月

医療広告ガイドラインとは?

「医療広告ガイドライン」とは、2018年6月に厚生労働省から出された医療広告の指導方針です。医療業界における広告で「禁止されている内容」や「広告可能な事項」などが制定されています。 「医療機関のウェブサイト等」が規制対象に追加され、ガイドラインに抵触(違反)した場合は保健所から調査、中止命令、行政処分などが行われます。命令に従わない場合や悪質な虚偽広告とみなされた場合には、6ヶ月以下の懲役、30万円以下の罰金などの罰則もあります。 違反は、厚生労働省の委託事業である医療等に係るウェブサイトの監視体制強化事業「医療機関ネットパトロール」による監視や第三者による通報などで発覚し指導が入りますが、すぐに指示に従って速やかに修正すれば罰則を回避することが可能です。

正しく表示して信用・信頼あるホームページに

医療機関のホームページは信用・信頼が大切です。 あらかじめガイドラインを知っていると、リスクを避けるだけではなく正しい表現をすることができます。 ホームページを新規で作成するタイミング、リニューアルするタイミングなどでしっかりと正しい表示にしておけば、自ずと信用・信頼のあるホームページにすることができます。

医療従事者の専門性資格

今回は、ホームページのプロフィールに掲載することが多い医療従事者の専門性資格の表示についてご説明します。

ホームページでは、医療従事者の専門性資格を掲載する際、たとえば「内科医」「外科医」だけの表示は認められていません。医療従事者の専門性資格は明確な表示をすることが求められます。

・専門医資格の掲載ルール

基本的に、医療機関が専門医資格を広告に掲載するには、厚生労働省が認めた団体・資格である必要があります。(広告可能な専門医資格については厚生労働省のホームページで確認することができます) また、掲載にあたり、団体名及び団体が認定する専門性の資格名両方がきちんと表示されている必要があります。
基本的に厚生労働省から認可を受けた学会や団体の専門医以外は専門医資格を掲載することができませんが、特定の条件を満たすことで掲載することが可能(限定解除)となります。 詳しくは厚生労働省のホームページや医療広告規制におけるウェブサイトの事例解説書をご確認ください。

・非常勤医師について

非常勤医師もプロフィールに掲載することも可能ですが、非常勤であることがわかるように記載することが求められます。 非常勤なのに常勤だと勘違いされるような掲載をすると誇大広告に該当してしまいますので注意しましょう。

最新情報を確認しよう

弊社のこちらのコラム「【令和6年度診療報酬改定】ウェブサイトへの掲載が必要な施設基準」でもご案内したように、医療業界におけるホームページがかかわるルールなどは都度改正されたり、新しいルールが制定されたりしています。 ホームページを作ったままでほったらかしにしてしまっている場合、新しく作られたルールに準拠できていない可能性がありますのでご注意ください。  

お医者さんドットコムでは、ホームページのリニューアルも承っています。 「何から手をつけたらいいかわからない」「内容が古いので新しいルールに沿ったホームページに作りかえたい」など、リニューアルをお考えの方はお気軽にご相談ください。

夏季休暇のお知らせ

弊社では、誠に勝手ながら
夏季休暇のため下記の通り休業させていただきます。

【休業期間】
8月10日(土)〜8月15日(木)

尚、8月9日(金)までは通常業務となりますが、
ご依頼内容等により、休業期間後の対応となる場合がございます。
予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

お医者さんドットコムオリジナル医療系アイコンが増加しました!

医療アイコン素材無料ダウンロード

プレゼンテーション資料などの作成にご使用ください。
本ページより、お医者さんドットコムのオリジナル医療アイコンを無料でダウンロードしていただけます。アイコンの種類はSVGとPNGです。 配布されている素材はすべて無料です。著作表記やリンクも必須ではありません。(もちろんご好意で紹介して頂けたら嬉しいです!)
ダウンロード前に下記の使用許諾を必ずお読みください。
ダウンロードされた場合は下記内容に同意されたものとみなします。

使用許諾

アイコンのご利用にあたっては制限無しで個人でも商用でも無料です。 加工に関しての制限はありません。画像編集ソフト等で自由に加工してお使い下さい。 ただし、これらのアイコンを無断で再配布することは著作権の侵害にあたりますのでお控えください。 なお、これらのアイコンのダウンロードおよび使用により、万が一いかなる損害が生じても当社は一切の責任を負いません。

同意してダウンロード

イラスト制作も募集中

当社はデザイン会社として、医療機関のホームページ以外にも様々な業種のホームページ、チラシ、パンフレットなど制作しております。 診療しているイメージ、手術のイメージ、動物マスコットなど、イラスト制作がございましたら、下記の電話番号までお気軽にお問い合わせください。

施設基準等で定められている保険医療機関の書面掲示について「ウェブサイトへの記載」が算定要件として追加された項目があります

弊社のこちらのコラム「【令和6年度診療報酬改定】ウェブサイトへの掲載が必要な施設基準」でもご案内いたしましたが、2024年の診療報酬改定で、施設基準等で定められている保険医療機関の書面掲示について「ウェブサイトへの記載」が算定要件として追加された項目があります。 ウェブサイトへの掲示につきましては、令和7年5月31日までの経過措置が設けられていますが、できるだけ早めの掲載をご検討ください。

おすすめの掲載場所

患者様にわかりやすい場所に掲示していただくのがおすすめです。 弊社のサービスをご契約いただいているお客様には、「お知らせ」の活用をおすすめしています。 「おすすめ標準版」では、「お知らせ」の更新をご自身で行なっていただくことが可能です。 通常のお知らせを投稿するのと同じように記事を作成し、お知らせのタイトルを例えば「診療に関する掲示事項」などにして公開すると、サンプルサイトの「診療に関する掲示事項」のように簡単に作成することが可能です。 また、トップページでお知らせは自動的に投稿日の新しい順に並ぶようになっていますが、流れてほしくないお知らせについては、簡単な設定で以下のように投稿日にかかわらず、特定の記事を先頭に固定して表示させることが可能です。 まだ掲載をされていない方はお気軽に担当者までご相談ください。 医療機関様の状況によって対応が異なりますため、掲載する文言につきましては各医療機関様でご用意をお願いいたします。
サンプルサイトの「診療に関する掲示事項」は掲示が必要な項目の一部の例文です。 掲示が必要な項目は、各医療機関様でご確認ください。 そのまま利用した場合に生じた紛争などは弊社では責任を負いませんので予めご留意ください。

「おすすめ標準版」はご自身でホームページの更新ができます

「おすすめ標準版」にはカンタン更新システムが搭載されています。 難しいコードの入力などは一切ありませんので、WordやExcelなど、基本的な文字入力ができる方なら誰でも簡単にホームページの更新を行なっていただくことができます。 (※トップページや特殊なレイアウトを行っている箇所などは除きます) また、月2回の更新サポートもついていますので、弊社に更新作業を依頼いただくことも可能です。 ホームページの更新を業者に頼むと時間がかかる・お金がかかるとお困りの方や、新しくホームページを作りたいけど専門知識がないのでどうしようかと迷っている方はぜひ一度ご相談ください。